意外と知らない?オリジナルTシャツを長持ちさせる洗い方

お気に入りのオリジナルTシャツが見つかってルンルン気分。しかし、何度か洗濯するうちに痛みが酷くなってきてドヨドヨ気分。こんなことってありますよね。今回はそんな事態を回避できるよう、オリジナルTシャツを長持ちさせる洗い方を紹介します。

まずは洗濯表示を確認しよう

オリジナルTシャツの中を見てみるとタグのようなものがついていますよね。そこには洗濯に関する重要な情報が書かれています。具体的には、洗濯機で洗えるか洗えないか。水のたまった桶のようなものにバツ印がしてある場合は洗濯機で洗えないと思っておくのが無難です。ただ、一部洗えるものも存在します。
おおよそのオリジナルTシャツは綿100%なことから特に問題ないのですが、一部違うものも存在しますので必ず確認するようにしましょう。これを確認せず、本当は洗濯機で洗えないものを洗濯してしまうと、オリジナルTシャツが悲惨なことになることも。最悪の場合、二度と着られないような状態になってしまうかもしれません。たまにタグを切ってしまう方がいますが、大切な情報なので残しておいてください。

時間があれば手洗いを!

オリジナルTシャツを最も長く使う方法は手洗いでしょう。洗濯機でオリジナルTシャツを洗うと、攪拌によってねじれてしまったり、衣服同士のこすれで痛んでしまったりすることがあるのですが、手洗いであればトラブルが発生しにくいです。先ほど言った洗濯機で洗ってもよいマークがついていたとしても、手洗いの方がより長持ちするでしょう。
手洗いをする場合は洗浄液にゆっくり漬け込んで汚れを落とす方法が楽だと思います。漬けておくだけで落ちない場合は、事前に洗浄液をつけてもみ洗いをしておくといいですよ。ただ、強くこするとオリジナルTシャツが痛むのであくまでも優しくです。他にも一部が極端に汚れている場合はつまみ洗いなど、オリジナルTシャツの状況に合わせて洗い方を選んでください。

洗濯機を使う際の注意点

オリジナルTシャツを長持ちさせるなら手洗いが一番なのですが、正直な話、かなり手間がかかります。そのため、洗濯機を使うのも致し方ないと思うのですが、使う場合はいくつかの注意点を知っておいてください。まず、洗濯機の洗濯コースはなるべく手洗いモードにしましょう。そして、色の濃いオリジナルTシャツであれば裏返しにするのも忘れずに。裏返しておくことで色褪せを防ぐことができます。漂白剤は色移りやプリントの劣化につながるので使わない方がいいでしょう。
ちなみに、オリジナルTシャツの首部分を輪ゴムでとめることで、その部分にかかる負荷を減らすことができます。要は輪ゴムでとめておけば、首部分がダルダルになることが少ないわけです。これもぜひ試してみてください。

これまでにご注文頂いたお客様からのお声を多数ご紹介! Adobe Illustratorでのご入稿については割引情報をお伝えしています。店舗情報からは直接のご来店をご希望の方に事前予約をお電話にて受付けております。 どんなオリジナルTシャツにしよう!とお悩みの方に当店の人気No1Tシャツをご紹介! ウェアや見本について、一枚一枚写真にてご用意しておりますのでご参考ください。 T-POPで大満足のオリジナルTシャツを作ろう